(ノД')// teen's

davy.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:アウター( 4 )


2010年 12月 09日

Rock Creek Athletics / Award Jacket

寒くなってきたのでようやく冬支度。

このメルトンボディーにレザー袖の、いわゆる日本ではスタジャンと呼ばれている、そして自分も呼んでいるのコレですが、男のロマン、オーダーメイド。
c0200391_1551243.jpg

好きなんです、スタジャン。今年で6シーズン目ぐらい。

発注する際には相当細かく決める事ができ、ボディーの素材、色の指定はもちろん、リブのストライプ、極めつけにはシニール(ワッペン)のデザインまで全部できるのです(イラレを持っていれば)。

そしてしっかりMADE IN USA(これ重要)。


テーマは「ありそうでなかなか出会えない、普通に着れるやつ」。
シニールもなるべくトラディショナルな雰囲気のもので、自分専用の記念の品である事を示せるデザインを。なんたってAward Jacketですからね(笑)

自転車通勤という事もあって微妙に着る機会が減ってますが、「これを作った当時の情熱を思い出せ」と自分への戒めも含め、今年は着ようと誓ったのでした。


by kuni
[PR]

by thewasteclub | 2010-12-09 02:44 | アウター
2010年 07月 12日

finetrack / stormgorge alpine pants

今回の登山で使用したパンツがこれ

c0200391_283826.jpg


日本のメーカーfinetrackの「ストームゴージュアルパインパンツ

このパンツおすすめです かな〜り

良くあるぺらぺらの登山パンツではなくかなりタフなストレッチ
岩山で多少こすっても傷が付かず、汚れない
強力な耐久撥水性能を備えたT-400という次世代ストレッチ繊維を使用しているそう

サイドポケットの止水ジッパー、ブッシュぽいアウトポケットも好みです

これでロゴもかっこ良かったら100点なのです、、(ノД`) /

by oshio
[PR]

by thewasteclub | 2010-07-12 02:14 | アウター
2010年 02月 03日

RYAN MCGINNESS

正月に実家で面白いものを発掘。
ずっと実家に眠っていたので、すさまじい防虫剤臭を放っていたのですが、
ようやく和らいで来たのでご紹介(笑)
でもおかげで虫に食われず済みました。母よありがとう!

最近話題(もう古いか?)のRYAN MCGINNESS氏デザインのカウチン!て今年初めて気付きました!
実家に忘れてきましたが、ドッグタグが付いていて、
そこに「RYAN MCGINNESS」とありました。
MADE IN CANADA。購入は10年近く前な気がします。
当時の俺、よくやった。

5万ぐらいしていたのが閉店セールで1万ほどで買えた気が。
当時、完全にこのデザインにやられて買ったのですが(セールだったし)、
デザイナー本人を知らなくても良いと思わせる力。
やっぱりさすがなんでしょうか。

c0200391_0495967.jpg

ジッパーはriri。ナイス。

MCGINNESS POW
c0200391_050985.jpg


Art & Revolution Organizationという組織の企画ものみたいですが、
今調べてもこの組織の情報は掴めず。ご存知の方いませんか???
c0200391_0502219.jpg


せっかく出して来たので今年は着てやろうと思いながら、まだ着れていません。
自転車とカウチンはとても相性が悪そうなので。。。


by kuni
[PR]

by thewasteclub | 2010-02-03 01:15 | アウター
2009年 10月 31日

patagonia / Dimension Jacket 2004

Patagonia好きですが、自分の中では90年代後期〜2005年ぐらいが一番。
型や色や素材がこの時期のものがとても好きというのもありますが、
あまりお金もなく(今もないですが)、
単に憧れだったからという方が大きいかもしれません。


一時期ソフトシェルに異常にハマった事があり、
家には4着のソフトシェルが眠っていますが、その中で第一線がこれ。

2004年(2003年?)のDimension Jacket。
c0200391_12381918.jpg

「機能美」を追求したジャケットに興味をもったのは
このジャケットからかもしれません。
c0200391_12492475.jpg

この次の年のモデル(ジッパーなんかの形状が違う)で、
一時期Demention Jacketは姿を消します。

07〜08年あたりに同名のソフトシェルが復活してましたよね。
機能は良くなっているんでしょうが、この色の渋さがなく、
素材感が微妙で、僕的にあんまりピンと来るものがありませんでした。
これ買っておいてよかった。

かれこれ5年、毎年かなりのヘビロテで着ていますが、
表面は一向にヘタってきません。毛玉もなし。すごいと思います。
これ破れたら泣きそう。

今年もがっつり着ます。
チャリにはソフトシェルが一番。


by kuni
[PR]

by thewasteclub | 2009-10-31 12:58 | アウター